menu

動物看護士になる方法と資格

実際の動物看護士はどんな資格を持っている?

動物看護士はどんな資格を持っているのか

現在、動物看護士として働いているプロの方は、どのような資格を持っているのか調べてみました。
ただし、従来の動物看護士には、特別な資格取得の義務がなく、ほとんどが民間資格のみで働くことが可能です。

しかし、これから動物看護士を目指す方は、全国で統一的に認められている「動物看護統一認定試験」というものに、合格しなければ就職できない場合もありますので、ここで紹介する資格については、参考程度にとどめておきましょう。

一般社団法人日本ペット技能検定協会「小動物看護士」

日本ペット技能検定協会が実施する「小動物看護士」は、動物病院やペット飼育、販売の現場で活躍できる技能が学べる資格です。

ペットの美容や健康管理は当然ですが、愛犬家などに対する健康管理上のアドバイスもできる資格です。
動物病院では、獣医師の補佐として活躍できます。

受験資格、認定試験については、協会が指定するカリキュラムを修了すると受験資格が得られます。
筆記試験に年齢制限はなく、受験合格後ライセンス交付申請料として12000円必要です。

日本小動物獣医師会の「動物看護師」

動物看護師とは、獣医師の指導のもと、ケガや病気になっている動物の看護や診療補助、また保健衛生指導を行う技能が習得できる資格です。

獣医師の業務を円滑に進めるために必要な人材かつ、重要なパートナーとして働くことができ、それと同時にペットのご家族への様々な指導、メンタルケア業務も担っています。

この資格を取得するには、日本小動物獣医師会会員病院での2年の実務経験が必要です。
本会の推薦の上、試験を受けることが可能で、毎年秋に実施されています。

(社)日本キャリア教育技能検定協会の「動物看護士」

動物看護士とは、動物病院内全般の業務に対応できる技能を行える資格です。
カルテの管理から獣医師の補佐、会計や入院している動物の管理、ケア、掃除、食事、グルーミング、薬剤の管理、電話対応業務などあらゆる業務に対応します。

資格取得には、同協会が実施する一般試験を受験し合格すること、もう一つは、同協会が認定する通信講座やスクールを受講、修了後資格認定を得る方法です。

通信講座の場合、約半年程度の受講で認定を獲得することが出来ます。

NPO法人日本動物衛星看護士協会「アニマルヘルステクニシャン」

こちらも動物看護士としての資格で、動物病院の全般の仕事、獣医師の補佐を行います。
資格取得には同協会認定のスクールで行われるカリキュラムを修了し、受験します。

その他受験資格として、動物看護に関する3年以上のスクール卒業者、もしくは動物看護に関する2年以上のスクールと2年以上の実務経験者となります。

動物看護士の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物看護士の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
動物看護士の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事